お知らせ

造血幹細胞を用いて新しい医療への活用を目指します

医療技術の進展に伴い、様々な治療法が開発されてきました。もはやガンは昔のような不治の病ではありません。とはいえ、白血病や悪性リンパ腫などの血液がんは、新しい治療法の登場により治癒率が改善されてはいるものの、依然として根治の難しい病気と言われています。また、治療が困難な血液疾患も多く、新たな治療法が求められています。

新たな治療法として、幹細胞を用いた医療への応用が近年注目されています。中でも血液の源である造血幹細胞は、白血病などのがんを始めとする難治性の血液疾患や遺伝子疾患など、様々な疾患の治療に有益であるとされています。今の臨床現場では、造血幹細胞を体外で増幅することは難しく、性質の良さを最大限に利用できていません。私たちは、造血幹細胞の体外増幅技術を活用することで、これまでにない医療への応用方法を提案し、新たな治療法を開発することを目指します。

私たちが目指す
造血幹細胞によって変わる未来
これまで難しかった
造血幹細胞を増幅する技術
チームや所在地など

Contact

社名セレイドセラピューティクス株式会社 / Celaid Therapeutics Inc.
所在地〒113-8485 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟アントレプレナーラボ
事業内容・ヒト造血幹細胞の増殖試薬・細胞の製造販売(研究用)
・ヒト造血幹細胞を活用した再生医療製品の開発
・遺伝子治療などの次世代治療法の開発
お問合わせ詳細はこちら